四季を通して癒やしの庭を創造します
Menu

東京都 杉並区 濡れ縁工事


濡れ縁補修工事

東京都 杉並区 南荻窪


東京都杉並区の濡れ縁工事 施工前

毎年、年3回お庭の剪定に入らせて頂いているお得意様です。
近所の数寄屋大工さんに作って頂いた丸太の濡縁が30年たち、
そろそろ傷んできたので、困っているとのことでした。
お施主様は茶道の先生をしておりまして、30年前当時に建てた
小間の茶室と濡縁のお話をして頂きました。近所の数寄屋大工さんが、
1人でじっくり時間をかけて作られたそうです。それを聞いて、
少しでも良いものを残せるよう同じ工法での補修を提案いたしました。

南荻窪にある濡れ縁 施工前状況

30年たったヒノキの丸太、朽ちたところを解体し
以前の工法や構造をしっかり把握していきます。

濡れ縁工事 施工中ヒノキ丸太ホゾ加工 

丸太を削り平面をつくり、根太に合わせたほぞをノミで掘ります。
天然の丸太なので一本一本のほぞの深さを調整して水平に加工ししていきます。

東京の濡れ縁工事 ヒノキ丸太合い釘打ち込み

丸合い釘によりお互い木材を寄せていきます。

南荻窪 濡れ縁工事作業 釘打ち込み

根太にも釘を打ち付けていきます。これにより頑丈な濡れ縁になります。
この繰り返しです。

東京都杉並区濡れ縁工事桧ヒノキ太切り落とし

濡縁の出幅を揃えていきます。墨付けをした後一気に切り落とします。

東京都杉並区濡れ縁工事施工中完成間近

まっすぐ切れました。

東京都杉並区濡れ縁工事完成

完成です。植木屋なのにここまで再現できたのを、驚かれていました。
今、仕口や小屋組みなどの伝統的なものが見直されてきました。
私も修行時代初めてノミで、ほぞを掘った時は、感動でした。
最初の頃は木の採寸の仕方やノミの扱いが遅くて、親方にきつく叱らたのを覚えています。

まだまだ未熟ですが、植木屋としてだけではなく、
職人、庭師としてお客様にごひいきにされるよう努めて参ります。

ご相談・お見積もりは無料
お庭の工事、お手入れをお考えの方は
お気軽にお問い合わせください

TEL 0427-38-5057

営業時間 9:00~18:00
休業日 GW・夏季・年末年始(メールは24時間受付)

メールからのお問い合わせはこちら

Copyright (C) 2019 niwaya kiraku. All Rights Reserved.